首、肩の疲れや痛み

​肩首が凝る症状でお困りの方は多いのではないでしょうか? 肩こりから頭痛や吐き気にまで発展してしまうことも多々あります 下によくある症状とよくある質問をまとめてみましたので当てはまることがないかチェックしてみてください

肩や首からくるよくある症状

​肩こり 四十肩・五十肩 寝違い
​頭痛  テニス肘  野球などの肩の痛み 

首の施術
首や肩からくるよくある質問

 

Q スマホやパソコンなどの使いすぎのせいか肩が凝って首がこわり頭痛も見られるのですが?

Aどうしても光量の強いものを長時間見続けたり同じ姿勢でいれば筋肉は硬直して硬くなります 硬くなった筋肉のだと中の血管の圧力がまして血流が悪くなります したがって血液に含まれる酸素の供給量も減って目が疲れたり首や肩が凝って、最終的には頭痛にも繋がります 鍼灸整体で筋肉を和らげて血流をよくすれば症状を和らげることができますが、なるべくストレッチや休憩を入れて体を労ってあげてください

Q シャツの脱ぎ着など腕を動かすときに痛みを感じるようになったが放っておいたら良くなるものなのか? 

A 放っておいても良くなるケースもあるが、四十肩・五十肩の可能性もある 仮に放っておくと背中や腕の筋肉が弱りいよいよ治りにくくなってしまうのでそうでなくても一度見せていただいた方が安心です

Q 腕の先までじんじん痺れる感覚があるがこれは一体どうなっているの?

 

A 腕の神経が首のあたりで圧迫されている可能性があります 頚椎のヘルニアや胸郭出口症候群といったケースも考えられますが、普段の姿勢や重たいものの持ち過ぎなどで力を入れすぎて筋肉が固まって神経の通りを邪魔しているケースもあります  ただ、これも放っておくと大きな症状にもなりかねないので早めの対処が望まれます

 

Q 左の方ばかりに痛みがあるのですが?

 

A これは狭心症などの可能性もあるので鍼灸や整体でどうにかなる問題ではなく専門の医療機関(循環器系の医師など)に相談されてください もちろん筋肉からくるケースもありますので全て心臓から来るわけではないのですがまずは早めにお医者さんの診断を受けられることをお勧めします