top of page

先延ばしは危険! 早く対処しておきたい痛み



福岡県大野城市のくわの鍼灸院です 今日は今までの経験上先延ばしにされがちで、あまり良い結果にならなかった痛みについて書かせてもらいたいと思います。

東洋医学や鍼灸は、古くから伝統的な治療法として広く使われてきました。これらのアプローチは、痛みや不調を根本的に改善することに焦点を当て、症状の緩和だけでなく、身体全体のバランスを整えることを目指しています。 特に五十肩、脊柱管狭窄症、ぎっくり腰の3つの疾患に焦点を当て、なぜ早期処置が重要なのかを探ってみましょう。


第一章:五十肩(五十代肩関節周囲炎)

五十肩は、日本ではよく知られた名前であり、五十代を中心に発症する肩関節周囲炎の一種です(四十大でも発症することもあるので四十肩と言われることもあります)。肩の可動域が制限され、特に腕を上げる動作が痛みを伴います。早期の段階で適切な処置をしないと、炎症が慢性化し、日常生活にも大きな制約をもたらすことがあります。

東洋医学や鍼灸では、痛みの原因を特定し、経絡(けいらく)やツボ(特定の点)を刺激して気の流れを整えることで、炎症を緩和させるアプローチがあります。早期に治療を受けることで、方以外の広範囲まで症状を広げずに回復のスピードが上がることが期待できます。


第二章:脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は、左右の背部の筋肉のバランスが崩れ脊椎の周りにある脊柱管が狭くなり、神経や脊髄が圧迫されることで痛みやしびれが生じる疾患です。加齢とともに進行することが多く、早期の発見と処置が重要です。

東洋医学や鍼灸は、身体全体のバランスを整えることで、脊柱管狭窄症による症状を和らげることはできますがどうしても日数を要する症状ですのでそれでも早期の方が改善が早いので早めの治療で悪化を防ぎ、生活の質を改善することができるでしょう。また、痛みによる筋肉の緊張を緩和させ、神経の圧迫を軽減する効果も期待できます。


第三章:ぎっくり腰(急性腰痛症)

ぎっくり腰は、突然の動作や重いものの持ち上げなどで腰に負担がかかり、腰痛を引き起こす疾患です。痛みが強く、動作が制限されるため、日常生活に大きな支障をきたすことがあります。 

東洋医学や鍼灸では、腰痛の原因を特定し、炎症を抑えるとともに、血流を促進して組織の修復を助けるアプローチがあります。早期の処置を行うことで、腰の機能を回復させ、再発を防ぐことができるでしょう。


まとめ

東洋医学や鍼灸は、五十肩、脊柱管狭窄症、ぎっくり腰などの疾患に対して、早期処置が重要であることがわかりました。これらの治療法は、痛みの緩和だけでなく、根本的な原因にアプローチし、身体全体のバランスを整えることを目指しています。そのため、症状が初期の段階であればあるほど、より効果的に治療が行えるのです。

しかし、症状が進行してから治療を受けると、回復に時間がかかる可能性が高くなります。そのため、軽度の不調や痛みでも、放っておかずに早めに専門の医療機関を受診することをおすすめします。そして、信頼できる東洋医学や鍼灸の専門家に相談し、適切な処置を受けることで、健康な身体を取り戻しましょう。

Opmerkingen


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
bottom of page